足跡を付ける 1

そば酒房 ひぐらし

ヒグラシ [手打蕎麦ダイニング]

そば酒房 ひぐらし 〒286-0033 千葉県成田市花崎町839 2F

番号を表示する電話予約 ※お電話の際はソウシン市場を見たとお伝えください

お気に入りに追加

足跡を付ける
1

足跡を付けた人

そば酒房 ひぐらし

足跡を付けますか?

確認

口コミ20件中の
総合評価
- - - このお店のページへ

白粗挽きと黒粗挽き

 JR成田線の成田駅東口を出て、正面のJR成田駅信号の左角建物の2Fにこの店はある。店内は椅子席が三席、奥がカウンター、さらにその奥が調理場になっている。白粗挽きは蕎麦の実の中心部を、黒粗挽きは挽きぐるみで打ち、使った玄蕎麦は八ヶ岳産につなぎ一割と書かれていた。水切りは良く、多少の切りむらはあるが端切れは目立たない。白粗挽きは味がはっきりしないが黒粗挽きは味と香りはあるが少し薄い。
 薬味はねぎとわさびとすだちの輪切りでわさびは良くない。
 辛汁は濃厚で辛口。
 蕎麦湯は濃厚で蕎麦の味はあるが十分とはいえない。
 私はあまり重要視しないが、蕎麦のうまさの一つとしてのど越しを挙げる人がいる。まだ蕎麦の保存方法がなかった江戸時代、夏になると蕎麦が劣化して味が落ち、繋がりが悪くなるので、小麦粉を加えることにより蕎麦の繋がりを良くして、かつ蕎麦を滑らかにした。このことから蕎麦はのど越しと言われるようになったらしい。そして、味の劣化に対しては濃厚なつけ汁を考案して、蕎麦の味ではなく辛汁の味で食べさせたとされている。
 すなわち、のど越しとは蕎麦をうまくする方法ではなく、蕎麦を繋げることに付随して発生した歴史を持っている。これがいわゆる二八蕎麦であり、江戸文化といわれるものである。
 一方、粗挽きは蕎麦の味、香り、甘味をより引き出すがその半面繋がりは悪くなる。
 のど越しと粗挽きは相反する要素であり、蕎麦職人は玄蕎麦を前にして自分の蕎麦の方向性をデザインするのだろう。
 若い職人は蕎麦のうまさに主眼を置いていることが多く、この店も後者をより強調しようとしているようだ。
 

3.5

しめこのうさぎさん 2014-09-24

粗挽き蕎麦に驚きました。(再訪)

知人から、成田駅前におもしろい蕎麦屋があると聞いて、行ってきました。
成田山への参道のちょうど入口のビル2階にその店はありました。
ちょっと高そうな店構え。。ほんとにここがその蕎麦屋なの?と、恐る恐る階段を昇り、重たい蔵戸を開けると。。。そこはいわゆる蕎麦屋というより和モダンなBarといった内装。期待と不安が入り混じった複雑な気持ち。
カウンター席を進められ、ドリンクのオーダーを聞かれた。なるほど、蕎麦Barだけあってそのメニューもウイスキーやワインやカクテルなど幅広い。普通なら日本酒といいたいところ、せっかくなのでここはアイラモルトのブナハーブンとざるそばを注文。ロックでちびちびやりながら蕎麦が出来るのを待ちました。
大きな窓から外の景色が見渡せるのは気持ちがいいです。
しばらくすると注文のざるそばが運ばれてきました。色は薄めでつやつやしています。ほのかに蕎麦の香りがします。ゆで加減と洗い加減もちょうどよく、ふっくらとしていて、冷やしすぎていない蕎麦は甘味を感じられ美味。
また蕎麦以上にこの店の蕎麦つゆはなかなかのものでした。ダシの香りも複雑かつ濃厚。色のわりには辛すぎず、なかなか研究されているな、と思いました。

この日は忙しかったようで、バーテンダーの方と話すこともできず、ウイスキーとざるそばだけで退散しましたが、他のつまみやカクテルも充実しており、期待もふくらむ良店でした。


2014年5月末に再訪しました。

既に通算20回以上おじゃましているこちらのお店。最近では、昼と夜で蕎麦を打ち分けているようで。私は夜にうかがうことがほとんどでしたので、昼の蕎麦を食べられる機会はありませんでした。が、前から気になっていた、昼の粗挽き蕎麦。店員さんに聞いてみると、今日は夜も用意できるとのこと。これはチャンスと、旬野菜の天ざるそばを粗挽きでお願いしました。

グラスの白ワインをいただきながら待つこと数分。ようやくお目にかかれた粗挽き蕎麦は、黒い星が見える、少し透明がかったような蕎麦。コンニャクのよう、と言うのが近いか。少し鼻を近づけてみると、穀物の強い香りが。これほど香りの強い蕎麦を食べるのは初めて。つゆをつけずに一口すすると、やはり蕎麦の香りと甘みが口内に広がるよう。ムニっとした独特な弾力と、角の立った蕎麦の食感も心地よい。これはかなりのレベルの蕎麦だと感心します。

つゆはいつもながら力強い出汁感とバランスの良い味わいで、蕎麦の力強さとしっかり合っています。旬野菜の天ぷらも、いわゆる蕎麦屋さんの天ぷらの域を越えていると思わせる、薄い衣で軽く揚がった上等のもの。この日はズッキーニと葉生姜が美味しかったです。

平日にも関わらず忙しい店内でしたが、店員さんの対応もいつも通りに快いもので、大変満足な一日となりました。またぜひ、粗挽き蕎麦を食べに行きたいです。

4.8

太猿さん 2014-07-01

  そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし

京成成田のオシャレ蕎麦居酒屋。

成田空港利用時の前泊以外に、この駅を利用することあるの??

と思ってましたが、
成田山の近くなんですね!

・・・成田山って何?笑

山ですか?
神社あるの??

すみません、無知で。爆


この辺りでは、ここが1番気が利いてる、と言われたので、

オシャレなお店、と解釈しました。

相席っぽくなりますが、
大きな1枚板のテーブルとカウンターがあり、
店内は、それほど広くありません。

お蕎麦がメインだけど、
おつまみやお酒も沢山あるので、居酒屋な感じ。

ランチもやってるみたいなので、
成田山の帰りにどうぞ。

3.2

食っちゃ寝~さん 2014-05-27

旨い酒と食べたいそば

うまいとうわさの成田山の参道にある蕎麦屋「ひぐらし」に呑み仲間と行ってきた。
成田山が込み合う時期には入れないときもあるらしいから、空いていそうな時期を見て店に行けるのは成田市民の特権だろう
か。

・店内
普通の蕎麦屋のような雰囲気ではなく、バーのようですね。あと大きなテーブルもあり、家族で来る時にはこちらを利用することになりそうです。

・味
天ぷらがさくっとしていて美味。塩で食べてもいける天ぷらでした。
酒の種類が豊富なのは居酒屋の強みです。
蕎麦も無難に旨い。

・接客
女性が対応してくれたが丁寧な接客で感じが良かったです。


旨い酒と旨い蕎麦が隠れ家的な場所で食べられるいい店が見つかったのが嬉しい。仲間と酒を飲むときにまた利用することになるだろう。

さん 2014-04-14

旨い酒と食べたいそば

旨いと評判の成田山の参道にある蕎麦屋「ひぐらし」に呑み仲間と行ってきた。
成田山が込み合う時期には入れないときもあるらしい、と友人は言っていたが訪問時はそこそこの込み具合だった。

普通の蕎麦屋のような雰囲気ではなく、バーのようですね。あと大きなテーブルもあり、家族で来る時にはこちらを利用することになりそうです。

・店
カウンターとテーブル席あり。
こじんまりとした隠れ家的雰囲気。

・味
天ぷらがさくっとしていて美味。塩で食べてもいける天ぷらでした。
酒の種類が豊富なのは居酒屋の強みです。
蕎麦も無難に旨い!

・サービス
女性が対応してくれたが、丁寧な接客で感じが良かったです。


旨い酒と旨い蕎麦が隠れ家的な場所で食べられるいい店が見つかったのが嬉しいです。仲間と酒を飲むときにまた利用することになるだろう。

以上、隠れ家的成田の旨い蕎麦と酒の店「ひぐらし」でした。

4.4

新米パパログさん 2014-04-14

真面目にお蕎麦を食べました。

モダンな雰囲気の小さなお蕎麦屋さんでした。ランチメニューの野菜天ぷらとざるそばのセットを頂きましたが、若干量が少なめ。男性では腹6割、女性だと8割くらいかなぁ、って思います。でもお腹いっぱいで最後の方味がわからなくなるにはもったいないお蕎麦の味なので丁度良いのかな?丁寧にゆっくり味わいたい感じです。再訪ありかなー。慣れ親しんだ成田の駅前を、二階の窓から眺める席も気に入り、また、静かな店内も気に入りました。天ぷらは普通かも。最初に出してくれたそば茶が美味しいです。
お腹いっぱいにならなかったかわりに、帰り道甘太郎食べながら歩いて帰りました。

3.5

寝言猫さん 2014-03-06

  そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし

成田参道入口にある蕎麦屋、薫り高い蕎麦に舌鼓。

<2013.7>
 今日は成田祇園会。
 関東は高温注意報の出ている暑い日曜日。
 多くの人手の中、祭りを盛り上げる各町内の方々が大汗をかきながら
 山車を引き、町内を練り歩いています。
 祭に参加された皆々様、お疲れ様でした♪

 暑いので、軽くお蕎麦でランチ。
 私は「生湯葉と舞茸の天ざるそば」、妻は「生湯葉カレー南蛮蕎麦」を注文。
  
 生湯葉天は、冷たい湯葉を衣に包んで揚げた1品、さっぱりして中々美味しいです。
 舞茸天もカリッとした揚げ加減が良かったです。
 蕎麦も香りが強く、濃いつゆにも負けない力強さを感じました。
 
 カレー南蛮でも蕎麦の力強さはカレー汁に負けず、主張しておりました。

 前回は蕎麦の美味しさを感じましたが、今回は天ぷらも良かったです。
 蕎麦湯も濃厚でした。
 
 ご馳走様でした♪ 
 

<2012.2>
 土曜日のランチ。
 この日は和食な気分で成田へ来ました。
 さて何にしようかと参道に差し掛かったところ、左手にある「蕎麦屋ひぐらし」さんが
 ”営業中”ではありませんか?
 何度か来ては、いつも営業時間外だで引き換えしていたので、このチャンスは逃せません。
 早速階段を上がり、中に入ると1時近くというのにほぼ満席の状態。
 カウンター席は一人だったのでそちらに案内されました。

 カウンターはBARのようで、正面には焼酎、リキュールなどの瓶がずらっと並んでいます。
 ランチメニューを見ていると、”今日はそばを粗引きにも出来ます”とのこと。
 私はメニューをぱっと見て、"野菜天ざるそば”に、妻は”ランチ天ざるそば"を注文。
 私の方を”粗引きそば”にして見ました。

 ほどなくランチ天ざると野菜天ざるが出てきました。
 この日のランチの天ぷらは”海老、キス、ナス、エリンギ?、カボチャ”。
 野菜天ぷらは”ナス、アスパラ、マイタケ、カボチャ、たまねぎ”。
 冬なので旬でないものもありますが、バラエティに富んでいて、色々と楽しめます。

 そばの方は粗引きは想像と違い、二八と見た目は変わらぬ太さ。
 所々に粗引き感のある黒点が・・・

 まずは二八そばの方をつるっと一口、なるほど・・・。
 そして粗引きそばを一口・・・おぅ、香りが違いますね。
 うん、粗引きの方が好きだな。

 価格からすればランチはお得感十分♪
 また”粗引きそば”のある時に、訪れたいですね。

 御馳走様でした。

3.6

鈴鹿さん 2013-07-08

  そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし

蕎麦ひぐらし 成田駅

どもども

今日は、成田です。
飛行機が苦手なので少し緊張…

と、前置きはこれぐらいに。

Google様のお力をお借りし、探してみました。
愛すべき蕎麦。

あるもんですね〜

駅から徒歩一分。
オサレな店内。

良い感じです。

蕎麦分のお腹を残さなくてはいけません。

なので、天ぷら・椎茸と雲丹の◯◯・ネギ焼き(鴨の脂が良い仕事してます)等を頂きながら…

メインの蕎麦へ。
今日は、ざるに致しました。

もう、年なのでしょう。
昔ほど食べれません。

ざるのハーフがあったので、そちらを注文。

水切り◎
良いお味でした。

一品ものが多いので、夜飲みに行くのにも使えて良いですね。

ではでは。

4.0

くらくらな日々さん 2013-05-03

  そば酒房 ひぐらし

しょっちゅう通いたいお店

久々に美味しいお蕎麦というものを食べてしまった。
こういうのを食べてしまうと、近所の適当な蕎麦屋で済ませるのが辛くなります。

メニューの「きのこと生湯葉のてんぷら」という文字を見て即決。

「ひぐらし」のお蕎麦を食べるのはこれで二度目。
お蕎麦の味が間違いなく美味しいのは、もう分かってました。
天ぷらは、正直、普段あまり食べないわたし。
脂っこいよなぁ~って思っちゃって。

でも、きのこや生湯葉の天ぷらって食べる機会がないので
頼んで見ることに。

・・頼んで良かった!本当に、「天ぷらが脂っこい」っていうのは
私が今まで食べた天ぷらがまずかったんだと思いました。

からっと上がったえのきの天ぷら。中身がとろとろの生湯葉の天ぷら。
ひとつ食べるごとに「あぁ、あと何個しかない・・」とか数えているいやしい自分( ̄∇ ̄;)

お料理や、お店の方の対応には何か一本通ったものを感じます。
夜の、お酒のおつまみも美味しそう。また行きたいなぁ。

あえて言うなら、我が家から成田は遠い(ToT)

5.0

乃羅さん 2012-11-23

  そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし そば酒房 ひぐらし

次回成田訪問が楽しみ・・・引き締った蕎麦に技の天麩羅。

成田出張時に、昼食をと思いいつものごとく駅蕎麦で済まそうとと考えていたら、

バスの待ち時間が40分・・・鰻を頂くには時間が心配。

新そばの季節と思い食べログで検索し別の店に行こうと成田山参道に入った瞬間、出くわした蕎麦酒房。

通常のそば屋さんらしからぬお洒落な入口の看板に惹かれ計画変更。

階段を上り2階のお店の中に入ると、カンターもあり雰囲気の良いBarの様な感じ。

美しい女性店員さんに勧められるままに、大テーブルに座り

ランチメニューを見るとセットものが\1ooo前後・・・駅蕎麦価格ではありません。

残り時間と食欲のせめぎ合い・・・結局、リスク(大袈裟!)を犯して天ざる蕎麦をお願い。

心配をよそに、天ざるは、意外に早く15分程度で出てきました。

まず蕎麦を頂くと・・・冷っこい細い麺のコシと喉越し、そばの風味に大満足。

(確か・・・ランチタイムでは二八そば、夜は十割蕎麦と書いてあった気がします。)

天麩羅の衣は薄く、、具材の風味をとじ込め、口に入れると、食感が全面に出てきます。

海老天などは、サックリした衣の後にプリプリの食感の海老、そして海老本来の風味が広がります。


きりっと引き締まった新そば、絶妙な揚げの技が光る天麩羅に感動し、大満足の蕎麦ランチ。

時計を見ると30分経過。夜の酒房タイムにも是非、お邪魔したいと考えつつ、店を出ました。

3.8

ヘルシンキさん 2012-11-18